最近レビューしたディスク

交響曲第8番 ハ短調 作品65

ロジェストヴェンスキー指揮 ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団

1983.10.30/Live BBC

('◎')('◎')('◎')('◎')('◎')

素晴らしい演奏であることには間違いなく、どこを取ってもその鋭い響きと密度は魅力的なのだが、これがロジェストヴェンスキーの録音だと思うと、あまりに整った演奏に、良くも悪くも期待を裏切られる。同じ1983年に録音された全集盤とは明らかに音の質が異なる。録音がどこか薄くて物足りない点と、ロンドン・フィルの煌びやかな響きがそう思わせるのかもしれない。例えばコンドラシンの全集盤の録音と比べても遜色ない切れ味で、管打のバランスやスネアのリズム感、音作りも直球で私の好みであり、本来であれば不満を感じる要素などほとんどないのだが、「ロジェヴェン」だと思って聴くから感じる物足りなさなのか。

映画音楽「馬あぶ」 作品97

セレブリエール指揮 ベルギー放送交響楽団

1987 Warner

('◎')('◎')('◎')('◎')

セレブリエールの映画音楽集から。とてもよくまとまった聴きやすい一枚。音は軽めで、音楽の作りもシリアスになりすぎずに心地良く聴くことができる。テンポは各曲とも遅めに設定されているが、後ろに引っ張られるような重苦しさはなく、軽やかで華やかに全曲を演奏している。この映画音楽集は長らく入手困難だった録音を含めて全8曲(「馬あぶ」、「ピロゴフ」、「ハムレット」、「リア王」、「五日五夜」、「ミチューリン」、「ベルリン陥落」、「黄金の山」)を収録しており、ショスタコーヴィチの映画音楽を聴くにあたってとても貴重なディスク。

レビュー予定のディスク

交響曲第4番 ハ短調 作品43

コンドラシン指揮

モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団

1961.12.30 モスクワ音楽院

交響曲第5番 ニ短調 作品47

ムラヴィンスキー指揮

レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

1978.06.12 Altus

交響曲第10番 ホ短調 作品93

P.ヤルヴィ指揮

シンシナティ交響楽団

2008.04 TELARK

交響曲第12番 ニ短調 作品112「1917年」

上田 仁指揮

東京交響楽団

1962.04.12 OTTAVA

更新情報

2016.09.11 交響曲第8番のレビューを更新

ロジェストヴェンスキーとロンドン・フィル1983年ライヴを追加しました。レビューはこちらから。

2016.09.11 映画音楽「馬あぶ」のレビューを更新

セレブリエールの録音を追加しました。レビューはこちらから。

2016.08.11 交響曲第11番のレビューページ作成

11番のレビューページを作成しました。レビューはこちらから。

2015.05.31 交響曲第8番のレビューを更新

コンドラシンとフランス国立管による1969年ライヴを追加しました。レビューはこちらから。

2015.05.29 交響曲第8番のレビューページ作成

8番のレビューページを作成しました。レビューはこちらから。

2014.12.14 交響曲第4番のレビューページ作成

4番のレビューページを作成しました。旧サイトからいくつかディスクを加えています。レビューはこちらから。

2014.09.23 交響曲第6番のレビューページ作成

6番のレビューページを作成しました。レビューはこちらから。

2014.07.27 交響曲第14番「死者の歌」のレビューページ作成

14番のレビューページを作成。旧サイトのレビューは意識せず、ディスクを追加した上で現在の好みで並び替え、既存コメントを修正しています。レビューはこちらから。

2014.07.23 バレエ音楽「ボルト」のレビューを更新

ロジェヴェンとBBCの87年ライブを追加。レビューはこちらから。

これより過去の更新情報はこちらです。