交響曲第6番 ロ短調 作品54

コンドラシン指揮 コンセルトヘボウ管弦楽団

1968.01.21/Live PHILIPS

('◎')('◎')('◎')('◎')('◎')

この交響曲第6番に関しては、ベスト盤選びが本当に難しい。一応、コンドラシンのコンセルトヘボウ盤を一番上に置くが、次の5枚はいずれも素晴らしい演奏で、また一長一短でもある。すなわち、当コンドラシン・コンセルトヘボウ盤、ムラヴィン65年盤、コンドラシン来日ライヴ盤、ムラヴィン72年盤、ロジェヴェン全集盤の5枚である。さて、当盤であるが、5枚の中ではもしかしたら一番地味かもしれない。しかし、最もトータル・バランスが優れている。打楽器なら来日盤やロジェヴェン盤の方が良いし、オケのサウンドはムラヴィンの65年盤には敵わない。しかし、これといった欠点がなく、世界観の構築と一気呵成の迫力に当盤を推したい。2、3楽章は超快速。コンドラシンの3種の録音中、最も速い。金管、打楽器も強烈に鳴り響く。1楽章も深みのある演奏。冴えた響きはコンドラシンならではと言えよう。打楽器は、ロジェヴェンやムラヴィンのような超強烈な一撃こそないものの、スネア、ティンパニ、サスペンデッド・シンバル、銅鑼、いずれも素晴らしい。はっきりした粒立ちで、よく鳴っている。特にティンパニの存在感は他の録音を圧倒している。怒涛のような勢いとシャープな響きを持ち、決して表面効果だけではない深い造形をみせる。ライヴ特有のノイズが多少気になるものの、録音年にしては音質も良好。PHILIPSの限定盤シリーズ。なお、併録のニールセンの5番も私にとってはベスト盤。素晴らしいディスクだ。

ムラヴィンスキー指揮 レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

1965.02.25/Live SCRIBENDUM

('◎')('◎')('◎')('◎')('◎')

スクリベンダムのリマスタリングで益々その演奏の真価が発揮されたムラヴィンの65年盤。テンポはコンドラシンを上回る快速ぶり。1楽章の深みは比類ない。張り詰めた緊張感ある響きと、狂気じみた、それでいて計算されたような感情的でない炸裂ぶりがムラヴィンスキーらしい。ほとんど理想的と言って過言でない。とかく強烈な金管に圧倒される。特に強奏部は感涙ものの凄まじさ。生で聴いたら失神してしまう。スネアや金属系をはじめ打楽器も好演だが、ティンパニは録音が遠く、やや丸い音を出している。それさえなければ、文句なしに恐怖の名演。フォルテシモのあとのピアニシモなど、完全に抑制が効いている。感情にまかせて爆発する無責任な演奏ではなく、かなり細かいところまでコントロールされた見事としか言えない演奏。ところで、ラストのシンバルがおかしなことになっているが、これはムラヴィンの好みなのか…。解釈なのか事故なのかはわからない。

コンドラシン モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団

1967.04.18/Live Altus

('◎')('◎')('◎')('◎')('◎')

アルトゥスの一連の来日ライヴ・シリーズの一枚。NHKの録音を次々とCD化していて、大変嬉しいレーベルである。現在3種聴けるコンドラシンの6番の中で、この盤が最もゴツゴツしていてコッテリ系。ラーメンで例えるなら「麺固め、味濃いめ、油多め」。テンポは3種の中では真ん中の速さ。ティンパニがとんでもない爆音。コンドラシンの中で最も大きいだけでなく、おそらく他のどの録音と比べても。軽音楽部の部室の片隅に転がっている今や使われていない安いトム・トムみたいな、響きのないボスッという打撃音を出す。が、それがなかなか気持ち良い。1楽章の練習番号13の前、そして2楽章ラストのソロは、これだけでこのCDを買った価値を見出せるほど。ロジェヴェンをも上回る暴れっぷり。また、トライアングルが妙に近くに聞こえるのだが、マイクの位置の問題だろうか。コンセルトヘボウ盤との甲乙は極めて付け難い。が、やはりこの曲にはもう少しスマートさや爽快感があってもいいかと思う。ゴテゴテした足取りのテンポ感の悪さを除けば、どこを取っても衝撃的で面白い一枚。それにしてもこのシリーズ、盤によって録音の質に雲泥の差が…。

ムラヴィンスキー指揮 レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団

1972.01.27/Live SCRIBENDUM

('◎')('◎')('◎')('◎')('◎')

65年盤に負けず劣らずの恐怖演奏。ティンパニはこちらの方が遥かに良い。オケも打楽器もバランスが良いが、6番最強の5枚の中では、強みに欠けるのも確か。1楽章は、ティンパニの強打や悲鳴のようなギリギリッと唸るオケが不気味。どちらかというと65年盤よりは温かみのある演奏だが、こうしたネットリ感(というほどでもないが)はショスタコのカオス要素をまさに体現していると言える。この度スクリベンダムからのリマスタCDが発売されて嬉しいばかりだ。

ロジェストヴェンスキー指揮 ソビエト国立文化省交響楽団

1983 BMG

('◎')('◎')('◎')('◎')('◎')

ムラヴィンスキーほどの冷酷さ、神経質さには達していないが、狂気を孕んだ1楽章はなかなか聴かせる。音程が悪かったりするが、それがまた狂気に拍車を掛ける。まさか、ソビ文がわざと音を外したりピッチがずれたりというわけでは無論なかろうが、しかしそれがハラハラドキドキで素晴らしい世界観を構築している。いや、ホントに。2、3楽章はコンドラシンのライヴ盤に慣れてしまうと遅く感じるが、それでも速い方だろう。コンドラシンは速すぎと考えるべき。また、金管のぶりぶりやティンパニの爆裂音が楽しい。2楽章後半のタメも秀逸。やはりソビ文最強の打楽器軍団が楽しい!強烈無比。あとはもう少し木琴がカンカン鳴ると良い。以上、ここまでが6番の特にお気に入りの5枚。

ロジェストヴェンスキー指揮 BBC交響楽団

1980.12.10/Live BBC

('◎')('◎')('◎')('◎')('◎')

鋭い響き、爆裂する管打!ロジェヴェン節だぁ〜!…というわけで、聴けば聴くほど笑いが止まらないロジェヴェン先生のライヴ。3楽章のラストに向かうドラマチックなスピード感は、他のどの録音にもない大興奮のるつぼで面目躍如。やはりこの金管の鳴りは素晴らしいのう。ソロも含め、弦楽器の冴えた響きも感動的だ。2006年頃にショスタコのCDがわんさと出て以来、最近ではすっかり新譜も減って、こういった種類の演奏に出会わなかったのだが、「やっぱり我々はロジェヴェンのショスタコが好きなんだ」ということが再確認できる一枚。格が違いすぎる。このディスクに収められている12番は既出で、ミスも多くイマイチなのだが、6番と「タヒチ・トロット」はこれでもかという盛り上がりで聴き手を圧倒する。「タヒチ・トロット」はベスト演奏に違いなく、この曲をこんなにアグレッシヴに演奏することに感動。観客のどよめきや笑いみたいなものが聴こえるのだが、当日の客席に座っていられたらどれだけ幸せだったろうか。

M.ショスタコーヴィチ指揮 プラハ交響楽団

1999.03.02/Live SUPRAPHON

('◎')('◎')('◎')('◎')

1楽章が渋くて、マクシムもこんなふうにやるんだぁ〜と感心してしまった。これは良い。そして、やはり2、3楽章が素晴らしい弾け具合だ。暴走しとる。2楽章はやや遅めに感じるテンポだが、要所での各楽器の主張が楽しい。極端なケバケバしさが魅力的だ。というか、オケが苦しくなってくると打楽器だけで盛り上げてくれるような演奏。練習番号66番のところとか、大太鼓がドカンと鳴ってぐちゃぐちゃーっと。で、頂点であるはずのティンパニ・ソロがしょぼいというお決まりのコースである。でも3楽章はちゃんと最後に頂点がきてハチャメチャにやってくれるから好きだ。

スクロヴァチェフスキ指揮 ハレ管弦楽団

1997.11.07 HALLE

('◎')('◎')('◎')('◎')

オーケストラがとても上手い!驚くほどよく鳴る。ショスタコのオーケストレーションの美しさ、豪華さ、凄まじさを堪能できる一枚。大迫力の演奏だが、上記のようなロシア・ソビエト系の演奏とは明らかに違う。スクロヴァチェフスキはブルックナーの名手だそうだが、ぜひともショスタコーヴィチの録音をもっと聴いてみたい。

ハイティンク指揮 コンセルトヘボウ管弦楽団

1985 LONDON

('◎')('◎')('◎')('◎')

ハイティンクの冴えたサウンドの充実度は鳥肌もの。ムラヴィンスキーに拮抗する西側指揮者として第一に名前を挙げたい。6番がハイティンクのサウンドに似合っているかどうかという話を抜きにしても、勢いと爽快感で聴かせるわけでもなく、あくまで丁寧にきっちりと仕上げられた演奏。几帳面なアプローチはハイティンクの特徴だが、この濃密なオケの鳴りは心底カッコイイ。何かに追い掛けられるようなゾクゾクした錯覚を得られる。

コンドラシン指揮 モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団

1967 BMG

('◎')('◎')('◎')('◎')

1楽章の思索的で張り詰めた雰囲気が素晴らしい。2、3楽章は他の2種の録音に比べると安全運転。しかしさすがに決め所は心得ており、そのドライブ感が心地良い。コンドラシンが6番のスペシャリストであることは決定的だが、他2種のライヴ盤のワクワクドキドキを知ってしまえば、どうしてもこのディスクを手に取る機会は減ってしまう。

N.ヤルヴィ指揮 スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

1985.05 CHANDOS

('◎')('◎')('◎')('◎')

実にこのコンビの演奏らしく、テンポは速く、オケの鳴りも良い。ホルンをはじめとするスマートな金管の咆哮はスコティッシュ管の特徴であろう。2、3楽章の打楽器は特に好演で、ティンパニ、スネアからサスペンデッド・シンバル、銅鑼の音色まで申し分ない。聴かせる部分をきちんと心得ている。惜しむらくは終楽章後半のアンサンブルの乱れか。ラスト、駆け込むようにアッチェルするがオケ全体が転んでしまっている。それまでが良かっただけに残念である。

K.ザンデルリンク指揮 ベルリン交響楽団

1979.4 BERLIN

('◎')('◎')('◎')('◎')

ロシア・ソビエト勢の録音とは一線を画する、ドイツオケによる広がりある深い演奏。実によくまとまった演奏で、強奏部も心地良く各楽器が鳴り響く。1楽章の厚みもさることながら、2、3楽章もこういう聴かせ方もあったか、と妙に納得させられる説得力に満ちている。

バルシャイ指揮 ケルンWDR交響楽団

1995.10 Brilliant

('◎')('◎')('◎')('◎')

話題をさらった超激安のブリリアントのバルシャイ全集より。この6番は非常に硬質な音色でガッチリと固めた演奏。非感情的なスタイルはムラヴィンスキーを思い起こさせる場面もある。テンポ感も良く、ぐいぐいと進んでいく。オーケストラの技量もあり、見事な一枚。

ロストロポーヴィチ指揮 ワシントン・ナショナル交響楽団

1994.06 TELDEC

('◎')('◎')('◎')('◎')

ナショナル響の秘めたるパワーが炸裂した快演。鋭利な音色でざくざくと決める。1楽章などは、もう少しいつものロストロらしくドロドロと仕上げてほしかったが、2、3楽章は意外とあっけらかんとした様子で爽快に聴かせている。特に秀逸なのは2楽章。ティンパニも軽めにハードな音を聴かせているし、スネアもアクセントが余計だがよく鳴っている。

アシュケナージ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団

1988.11 DECCA

('◎')('◎')('◎')('◎')

極めてオーソドックスな演奏で、特別良いというわけではないが、不満もない。こういうスタンダードな演奏というのも貴重だと思う。ロイヤル・フィルのいつもながらホルンの強奏は特筆すべきものだが、他はまあ手堅くまとめ上げたという感じ。テンポも速すぎず遅すぎず。安定している。

バーンスタイン指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック

1963.10.14 SONY

('◎')('◎')('◎')('◎')

バーンスタインの6番の第一印象は、「遅い!」ということ(もちろん、2、3楽章の話である)。ウィーン・フィルとの新盤などは、遅すぎてまるで違う曲だ。しかし、その遅さの中できちんと曲作りをできるのがバーンスタイン。ショスタコーヴィチというよりは完全にバーンスタインの世界観を聴かされているという印象。個性が光る演奏。スネアが要所要所でバシッと決めてくれる。