ボルトの版について

バレエ「ボルト」には、全曲の他に組曲版が二つある。いわゆる「8曲版」と「6曲版」である。それについて簡潔にまとめておく。

まず初めに、アトヴミャーンがバレエ組曲第5番としてまとめた8曲からなる組曲版。後に、ショスタコーヴィチがそこから2曲削って曲名をわかりやすく変えた6曲版である。以下、全曲版、8曲版、6曲版の対応表である。

全曲版

※曲名は8曲版と同じ

8曲版

(1931年版)

6曲版

(1934年版)

序曲 序曲 序曲
第1幕 第10曲 官僚の踊り ポルカ
第3幕 第9曲 御者の踊り 変奏曲
第2幕 第12曲 コゼルコフと友人たちの踊り タンゴ
第1幕 第9曲 破壊者 間奏曲
第3幕 第10曲 植民地の女奴隷の踊り -
第3幕 第7曲

仲裁者

※他に「相棒」、「イエスマン」、

「調停者」などの訳あり

-
第3幕 第14曲 全員の踊りと大団円 終曲